性病検査で診断にかかる期間はどれくらい?

no

「性病かな」「性病検査を受けよう」と思ったら、すぐにでも性病検査を受けたです。
早く解決したいですし、陰性なのか陽性なのかドキドキしながら不安な日を過ごすのも嫌なものです。

性病検査の中には即日で判断できるものもあり、すぐにわかるので好評です。
ではどのような検査だと即日で判断ができるのでしょうか。

検査までの期間

まず、病気によって、検査できる時期が違います。
これは、病原がある程度体内で増えないと判断ができないためです。

クラミジアや淋病は疑わしい性行為の後から数日で可能。
HIVやB型肝炎、梅毒は感染の疑いのある日から3か月が目安です。

ただ、HIVは、検査の精度を上げるためあくまでも最も「遅いだろう」という人を対象にした3か月という期間です。
初期症状が1-2か月程度で出ることがあるので、その段階で一度検査してもいいです。

病院/保健所で即日判断できるもの

病院や保健所の検査で即日判断できる性病があります。
それがHIV検査です。

血液をとり、血中にHIVウイルスの抗体があるか判断する検査で、順番待ちにもよりますが1時間もかからずにで結果がわかります。

精度は多少悪く、大きく「陰性」と「陽性かも」という2つに振り分ける検査です。
仮に「陽性かも」と出た場合は再度確認検査が必要になり、1,2週間程度確認検査に時間がかかります。

即日検査で「陰性」の場合は、その時点での「陰性」は確約となります。
比較的多くの保健所や病院で行われている検査なので、HIVかもと不安がある場合は実施している病院を探すのがいいです。

それ以外の性病はクラミジアや淋病の即日検査もあるようです。
ただ、実施している病院は少なく、他の病気はおおむね2週間程度の判断期間が必要になります。

即日検査結果を知ることができるのは HIV程度、それ以外は2週間ほどかかる
というのが多くの病院や保健所の現状です。

早い郵送検査キットの期間

郵送の性病検査キットは、検体を採取して専門の機関に送って判断してもらうので即日に検査結果がわかることはありません。
ただ、ほとんどの病気は返送してから2,3日で結果を知ることができます。
購入から最短で4日で検査結果をしることが可能です。


郵送のHIV検査キット
STDチェッカー


その特徴は
  • 厚労省の精度検査で「100%完全一致」した唯一の郵送検査事業者。
  • コールセンターは性感染症学会認定士など専門家が対応
  • 全国42,000の医療機関ネットワークで万が一の時も紹介してくれる
  • 採取を失敗しても再検査を無料で実施してくれる
  • 注文者と一切紐づかない、完全匿名検査
  • 宅配便注文で全国翌日受取可能!
  • メール便は送料無料で、不在でも受けとり可能

数ある郵送検査キットのなかでも、信頼性がもっとも高い郵送検査キットです。
2015年に公開された厚生労働省のエイズ対策研究事業の精度検査で、唯一精度100%という結果になりました。

また、性病検査のスペシャリスト企業なので、コールセンターも性感染症学会認定士など専門家が対応し、万が一陽性だったとしても安心です。
性病検査キット一覧