性病検査を泌尿器科で受けることはできる?

性病検査を受ける際に、思いつくのが泌尿器科です。
性病の多くは、下腹部、生殖器官に症状が出るので泌尿器科でも対応してくれるのですが、実際はどうなのでしょうか。

泌尿器科はあまりお勧めではない

泌尿器科は対象となる臓器が多く、比較的混雑する病院です。

腎蔵、膀胱、尿と、重要な臓器が中心で専門性も高いです。
患者は年配の人が多いので、ちょっと浮いてしまうこともあります。

また、性病についてはあまり経験・知識のない医師も多いです。
病院のホームページでに、性病について触れているのか確認しておくといいです。

性病検査の値段

性病検査を病院で行なう場合、原則自覚症状がない状況で受けにいくと、自費の検査になります。
保険が効かず全額実費で、10,000円近くかかることになります。

すでに膿が出ていたりすると、治療ということで保険が効きます。

でも、痛いとかかゆい程度で、見た目に症状がでてない場合は保険が効きません。

泌尿器科で性病検査を受ける場合は、専門としている病院か、すでに症状がでていてどうしてもほかに行く病院がない場合しかおススメしません。

症状がない場合は、まず郵送の性病検査キットで性病検査することをおススメします。


郵送のHIV検査キット
STDチェッカー


その特徴は
  • 厚労省の精度検査で「100%完全一致」した唯一の郵送検査事業者。
  • コールセンターは性感染症学会認定士など専門家が対応
  • 全国42,000の医療機関ネットワークで万が一の時も紹介してくれる
  • 採取を失敗しても再検査を無料で実施してくれる
  • 注文者と一切紐づかない、完全匿名検査
  • 宅配便注文で全国翌日受取可能!
  • メール便は送料無料で、不在でも受けとり可能

数ある郵送検査キットのなかでも、信頼性がもっとも高い郵送検査キットです。
2015年に公開された厚生労働省のエイズ対策研究事業の精度検査で、唯一精度100%という結果になりました。

また、性病検査のスペシャリスト企業なので、コールセンターも性感染症学会認定士など専門家が対応し、万が一陽性だったとしても安心です。
性病検査キット一覧