性病検査をレディースクリニックで受診する

性病検査をうけるため、レディースクリニックを探している人もいます。
レディースクリニックでは具体的にどれくらい金額がかかるのでしょうか。

また匿名性などはどのようになっているのでしょうか。

レディースクリニックとは

レディースクリニックとは婦人科・産婦人科の病院のことです。

中絶、性病のほかピルなど相談を専門にしている病院が多いです。
婦人科というよりもレディースクリニックとすることで比較的抵抗なく、入りやすい病院です。

病院によっては、性病にはあまり関係なく、不妊治療や出産を専門にしている病院もあるので事前に確認しておきましょう。

匿名性に気を配っている


医療機関ですから『守秘義務』は絶対です。
医師、看護士のほか受付のスタッフまで、全員が患者の情報を開示することはありません。

気になるのは、それ以外でのプライバシーです。

病院によって、

  • 連れの男性を入れない
  • 完全予約制
  • 医師、スタッフが全て女性
  • 入り口が異なる

プライバシーにとても気を配っています。

性病検査の料金


気になるのが検査の料金です。

性病を中心に扱うレディースクリニックは、全額自己負担になります。
ただ、料金は事前に提示しているので、先に確認することができます。

料金は自由診療ということで、レディースクリニックによりさまざまです。
都内のレディースクリニックでの一般的な相場は以下です。

HIV 5000円前後
クラミジアと淋病 4000-6000円
主な性病5種(HIV B型肝炎 梅毒 クラミジア 淋病) 15000円前後

●痛みなどすでに症状が出ている場合は検査ではなく、治療をしてもらいましょう

レディースクリニックでの流れ

レディースクリニックでは

  1. 受付をする
  2. 問診表をかく
  3. 医師の問診
  4. 検査項目の確認
  5. 検体の採取
  6. 会計
  7. 後日 結果を確認

という流れです。

その他、先に予約が必要な病院が多いです。

レディースクリニックをおススメする人

レディースクリニックは比較的、街の中心部に開業していることが多いです。
また、診察している時間も夜遅くまでやっているところや、土日にも開いているところも多くあります

医師、看護士が話を聞いてくれるので一人で悩む必要もなくなります。
職場、生活圏があって通いやすい人は、診察をうけるものおススメです。

レディースクリニックをおススメしない人

まず、クリニックでは問診をすることになるので、『守秘義務』があるといえど、性関連を話すことに抵抗がある人は向きません。

そして最大の難点はレディースクリニックの数が少ないことです。
専門性が高く、サービスを重視する病院になるため限られています。

さらに女性医師限定となるとかなり数は絞られ、近くに見当たらないことも多く、通いにくい地域が多いのが現実です。
料金は比較的高額で、予約制といっても待ち時間もあるため拘束時間が長いのも特徴です。


郵送のHIV検査キット
STDチェッカー


その特徴は
  • 厚労省の精度検査で「100%完全一致」した唯一の郵送検査事業者。
  • コールセンターは性感染症学会認定士など専門家が対応
  • 全国42,000の医療機関ネットワークで万が一の時も紹介してくれる
  • 採取を失敗しても再検査を無料で実施してくれる
  • 注文者と一切紐づかない、完全匿名検査
  • 宅配便注文で全国翌日受取可能!
  • メール便は送料無料で、不在でも受けとり可能

数ある郵送検査キットのなかでも、信頼性がもっとも高い郵送検査キットです。
2015年に公開された厚生労働省のエイズ対策研究事業の精度検査で、唯一精度100%という結果になりました。

また、性病検査のスペシャリスト企業なので、コールセンターも性感染症学会認定士など専門家が対応し、万が一陽性だったとしても安心です。
性病検査キット一覧