性病検査のPCR法の精度は?

クラミジアなどの性病検査を受ける際に主に用いられる検査法がPCR法です。

簡単にいうと、検体(尿や膣内分泌)の中のクラミジアの核酸を人工的に増殖させ発見する方法です。
増えれば発見しやすくなるわけで、とても精度が高い検査方法です。

現在のクラミジア検査の代表的な方法になっています。

当サイトで紹介している、STDチェッカー、GME医学検査研究所、ふじメディカル、予防会、さくら研究所すべてクラミジアの検査はPCR法です。

抗体検査

クラミジアの検査にはたまに「抗体検査」をしているところもあります。
まだ保健所では、このクラミジアの抗体検査を行っているところも多くあります。

PCR法は実際にクラミジアのウイルスを発見するのに対し、抗体検査はクラミジアに一度でも感染していれば陽性反応がでます

過去感染し完治していても抗体検査では「陽性」になるわけです。
結局PCR法を用い、最終判断がされます。

PCR法が精度が高いのは一目瞭然です。

クラミジアはできるだけ精度の高い性病検査キットでの検査をおススメします。


郵送のHIV検査キット
STDチェッカー


その特徴は
  • 厚労省の精度検査で「100%完全一致」した唯一の郵送検査事業者。
  • コールセンターは性感染症学会認定士など専門家が対応
  • 全国42,000の医療機関ネットワークで万が一の時も紹介してくれる
  • 採取を失敗しても再検査を無料で実施してくれる
  • 注文者と一切紐づかない、完全匿名検査
  • 宅配便注文で全国翌日受取可能!
  • メール便は送料無料で、不在でも受けとり可能

数ある郵送検査キットのなかでも、信頼性がもっとも高い郵送検査キットです。
2015年に公開された厚生労働省のエイズ対策研究事業の精度検査で、唯一精度100%という結果になりました。

また、性病検査のスペシャリスト企業なので、コールセンターも性感染症学会認定士など専門家が対応し、万が一陽性だったとしても安心です。
性病検査キット一覧