性病検査を時間を気にせず24時間受けることができる

「性病かも」

思い当たるセックスや、なんとなく症状があると不安ですよね。
特にHIVは現代の医学では完治することはできません。
もちろん、医学が発達していて、エイズの発症を遅らせることはできるので、早期発見できればHIVでも寿命を全うできるくらいになっています。

HIVでなかったにしろ、性病かもと思ったら性病検査は必ず必要です。

性病検査を受けるには、時間に便利なところはあるのでしょうか。
24時間受付してるうようなところが便利ですよね。

保健所、病院、性病検査キットで比較してみました。

保健所で性病検査する場合

保健所の性病検査、HIV検査は原則無料で受けることができます。

ただ、難点は2つあります。
1つめは、HIV検査がメインで、保健所によって性病検査をしてくれる項目がことなるところ。
もう1つは、時間帯が合いにくいことです。

特に時間とてもサービスが悪く、月に1回程度で平日の午前中の1時間というのが平均的です。
さらに、結果は2週間後に再び、聞きに行く必要があるんです。

サラリーマンや働いている人にとってはとても難しいこと。
無料といえど「時間」で考えるととてもサービスは悪いです。

病院で性病検査する場合

病院は民間ということで、サービスが充実しています。
例えば都内の有名な性病専門のクリニック「上野クリニック 新宿医院」では、診療時間が11時から20時まで、土日も診療しています。

さらに、24時間メール・電話相談も可能。

ただ、このようなサービスのいい病院はどうしても大都市に集中しています。
場所によっては、平日も17時くらいで終わり、土日休診という病院が多いです。

性病検査キットで性病検査する場合


性病検査キットは、自宅で検体を採取するので24時間可能です。

わざわざ病院や保健所に行くこともなく、ネットやスマホで注文し、受け取り、検体を採って、ポストに入れるだけです。
宅配便で家で受け取れるし、ポスト投函してもらえば待ち時間もありません。

時間のコストを考えると一番便利な方法です。

まとめると

時間的な便利さ

検査キット > 病院 > 保健所

価格面では

保健所(無料) > 検査キット > 病院(高い)

こんな順番です。

近くの保健所があるといいでしょう。
でも日程が合いにくい場合は、総合的に性病検査キットで性病検査するほうが便利です。


郵送のHIV検査キット
STDチェッカー


その特徴は
  • 厚労省の精度検査で「100%完全一致」した唯一の郵送検査事業者。
  • コールセンターは性感染症学会認定士など専門家が対応
  • 全国42,000の医療機関ネットワークで万が一の時も紹介してくれる
  • 採取を失敗しても再検査を無料で実施してくれる
  • 注文者と一切紐づかない、完全匿名検査
  • 宅配便注文で全国翌日受取可能!
  • メール便は送料無料で、不在でも受けとり可能

数ある郵送検査キットのなかでも、信頼性がもっとも高い郵送検査キットです。
2015年に公開された厚生労働省のエイズ対策研究事業の精度検査で、唯一精度100%という結果になりました。

また、性病検査のスペシャリスト企業なので、コールセンターも性感染症学会認定士など専門家が対応し、万が一陽性だったとしても安心です。
性病検査キット一覧