性病検査を病院で受ける場合の料金はどれくらい?

「性病かも」と思って、病院で性病検査する場合はそれなりに料金がかかります。
というのは、保険適用で窓口負担が3割かと思いたいところですが、「検査」については保険の適用がされないのが現状です。

医療保険制度の目的は、毎日のくらしで、病気になったり、ケガをしたときの治療費を補うもので「病気かわからない」状況では保険は適用されないのです。
「病院は治療する場所で、検査する場所ではない」ということなんです。

そのため症状が出ていない時の性病検査は「割引」がなく、実費での請求となる。
それどころか、検査と関係のない「初診料」もかかり、料金は割高です。

一般には、検査専門の病院やクリニックで検査をすることになります。

性病検査の料金

どれくらいかかるかといえば、1検査あたり4000-8000円程度。
検査の病院によって細かなサービスは異なり、セット料金もあります。

あくまでも保険のかからない自由診療ということなので、事前に金額の説明を受けることもできます。
病原がわからないので検査するわけで、少なくとも2,3種の疑いのある性病検査をすることになります。

自由診療はメリットもあります。

●匿名で検査できる
保険証は不要なので、だれが検査しているのかわかりません。
検査専門の病院は、プライバシーに配慮して名前で呼ばれることもなく、完全に匿名で検査ができる特徴があります。

●様々な検査ができる
例えば、保健所や郵送のHIV検査は、抗体検査といって感染から2.3か月経たなければ検査を受けることができません。
しかし、自由診療ではNAT検査といって2週間程度で検査を受けることができる方法も用意されています。

このように、患者の希望に沿って検査できるのも特徴です。

病院は割高

ただ、自由診療は保険適用がないので「実費請求」になります。
病院やクリニックごとに価格も設定されます。

価格は提示されているので、わかりやすいけど、だいたいHIVの抗体検査は 6000-8000円が相場。
NAT検査は13000円くらいです。
性病だとクラミジアや淋病を一緒に受けると15,000円~20,000円払うことになります。

実際に治療をする場合は、保険の都合で再度初診料がかかります。
その後の治療は保険適用になるのですが、割高なのは否めません。

インターネットで購入できるセットだと、代表的な5種(HIV、梅毒、淋菌、クラミジア、B型肝炎)の性病検査が1万円以下で受けられます。
かなり金額がかわりますよね。

性病検査で病院に行く必要はあるのか?


すでに何かしらの症状が出ている場合は病院に行くべきです。

しかし性病の疑いというだけでは、一般的な病院に行くのは避けたほうがいいです。
無駄に混雑するだけですし「病院は治療する場所で、検査する場所ではない」ですからね。

病院で検査を受ける場合は、性病検査専門の病院に行くことが望ましいです。


郵送のHIV検査キット
STDチェッカー


その特徴は
  • 厚労省の精度検査で「100%完全一致」した唯一の郵送検査事業者。
  • コールセンターは性感染症学会認定士など専門家が対応
  • 全国42,000の医療機関ネットワークで万が一の時も紹介してくれる
  • 採取を失敗しても再検査を無料で実施してくれる
  • 注文者と一切紐づかない、完全匿名検査
  • 宅配便注文で全国翌日受取可能!
  • メール便は送料無料で、不在でも受けとり可能

数ある郵送検査キットのなかでも、信頼性がもっとも高い郵送検査キットです。
2015年に公開された厚生労働省のエイズ対策研究事業の精度検査で、唯一精度100%という結果になりました。

また、性病検査のスペシャリスト企業なので、コールセンターも性感染症学会認定士など専門家が対応し、万が一陽性だったとしても安心です。
性病検査キット一覧