性病検査、安いのはどこ?

性病検査を受けようと思うと、できるだけ安く検査したい人も多いですよね。
あくまでも病気の可能性を判断したいだけですから、できるだけ安く済ませたいものです。

そこで性病検査を安く受けられる順に紹介します。

性病検査が無料の保健所

厳密には性病検査ではないのですが、保健所ではHIVの検査を無料で行なっています。

保健所によっては、クラミジア、梅毒、肝炎などの検査も無料でやってくれるところもあります。
対象の自治体に住んでいなくてもできるので、検査できるといいのですが、無料なので難点もあります。

問題点1 日程

それは、日程が決まっていることです。
ほとんどの保健所では、月に1回程度で、平日の朝の1時間しかやっていません。

土日、夜間といった時間帯はほとんどないのです。
普通の会社員、学生ではなかなか行くことが難しい時間帯です。

問題点2 HIV検査が基本

また、あくまでもHIVの感染拡大を防ぐためにやっているもので、クラミジアや梅毒や肝炎といった性病検査がない保健所も多いです。

仮にあったとしても、クラミジアだけの検査はできず、HIV検査のオプションとしてあるので、保健所は性病検査というよりもHIV検査という位置づけです。
HIVの可能性に悩みタイミングがあう人にはおススメです。

性病検査の最安値は通販

性病検査を安く受けようと思うと一番安いのは、通販で検査キットを購入することです。
自治体に登録してる「登録衛生検査所」「医療機器等販売業」の会社が販売しているので病院と同等の検査ができるのです。

料金はとても安く、代表的なHIV、梅毒、淋菌、クラミジア、B型肝炎の性病5項目をなんと10000円以下で受けることができます。

【女性用】 性病検査キットの詳細はこちら

【男性用】 性病検査キットの詳細はこちら

自宅で準備ができて、早ければ購入から1週間程度で結果がわかります。
結果もパソコンでわかるのでとても便利です。

HIVだけでなく、性病は早期発見が重症化を防ぎます。
病院や保健所に通うのが難しい人にはとても便利なのでおススメです。

E14615309

病院の性病検査は高い!

病院で性病検査を受ける場合は、基本的に保険のきかない、自由診療になります。
都心部や地方都市には自由診療で性病検査を行う専門の病院・クリニックもあります。

そのため割引が適用されず全額負担になります。

相場はだいたい1検査あたり4000円はかかるので、仮に5項目を検査すると2万円近くになります。

さらに、保険の利く診療と利かない診療は同時にできないのが「健康保険」のルールです。

そのため、結果は後日再来院しなければいけません。
さらに、保険適用と自由診療ではその都度初診料が取られるのがルールで、2回目も初診料を聴取されます。

時間的に、料金的にも性病検査で病院に行くにはおススメしません。

ただ、すでに症状がしっかり出ている場合は病院に行きましょう。

男性は膿や性器に明らかに突起物などができている場合です。
女性はおりものの異常や性器周辺の症状など。
治療の場合は保険が適用されるし、治療が必要なのでわざわざ検査を病院以外で行なう必要はないです。

まとめると

HIV検査が気になる方で、平日に仕事を休めるような人は保健所に行きましょう。
無料でHIV検査を受けることができます。

すでに性病の症状が出ている人は病院です。
治療をするには病院に行かなければいけないので、わざわざ検査を別に行い、改めて病院に行く必要はないです。

それ以外で性病検査を希望する人は通販で性病検査キットを購入することをおススメします。
安くて、結果がすぐにわかる、信頼できる検査キットが販売されています。


郵送のHIV検査キット
STDチェッカー


その特徴は
  • 厚労省の精度検査で「100%完全一致」した唯一の郵送検査事業者。
  • コールセンターは性感染症学会認定士など専門家が対応
  • 全国42,000の医療機関ネットワークで万が一の時も紹介してくれる
  • 採取を失敗しても再検査を無料で実施してくれる
  • 注文者と一切紐づかない、完全匿名検査
  • 宅配便注文で全国翌日受取可能!
  • メール便は送料無料で、不在でも受けとり可能

数ある郵送検査キットのなかでも、信頼性がもっとも高い郵送検査キットです。
2015年に公開された厚生労働省のエイズ対策研究事業の精度検査で、唯一精度100%という結果になりました。

また、性病検査のスペシャリスト企業なので、コールセンターも性感染症学会認定士など専門家が対応し、万が一陽性だったとしても安心です。
性病検査キット一覧