性病検査の時期、1週間は早い?

no

性病の検査をする時は、時期を確認する必要があります。
病気によっては、あまりにも早すぎると体内にウイルスが増えておらず、発見できないこともあります。

感染の疑わしい性行為があってから1週間程度で検査すると、発見できる病気は何があるのか確認します。

行為から1週間程度で検査できる性病

  • 淋病
  • クラミジア
  • トリコモナス
  • カンジダ

男性だと性器から膿がでたり排尿時に違和感や痛みを覚えることがあります。
女性だと、オリモノが異常だったりします。

人によっては自覚症状が弱いこともあるので、検査しなければ気がつかないこともあります。

これらは、感染から数日で検査しても判別がつきます。
性病検査キットだと、注文して届く日数も考えると1週間ほどで検査することになるかと思います。

ちなみに、性器内でウイルスが増殖するので、男性は尿、女性は膣内分泌を検査します。
とても簡単に検査ができるので、疑わしい人は早めに検査して治療することをおススメ。


郵送のHIV検査キット
STDチェッカー


その特徴は
  • 厚労省の精度検査で「100%完全一致」した唯一の郵送検査事業者。
  • コールセンターは性感染症学会認定士など専門家が対応
  • 全国42,000の医療機関ネットワークで万が一の時も紹介してくれる
  • 採取を失敗しても再検査を無料で実施してくれる
  • 注文者と一切紐づかない、完全匿名検査
  • 宅配便注文で全国翌日受取可能!
  • メール便は送料無料で、不在でも受けとり可能

数ある郵送検査キットのなかでも、信頼性がもっとも高い郵送検査キットです。
2015年に公開された厚生労働省のエイズ対策研究事業の精度検査で、唯一精度100%という結果になりました。

また、性病検査のスペシャリスト企業なので、コールセンターも性感染症学会認定士など専門家が対応し、万が一陽性だったとしても安心です。
性病検査キット一覧