性病検査はどれくらい痛い?

性病検査というとどんな検査か心配になりますよね。
医療の検査でいうと、血液検査や尿検査、他にはレントゲンとかCTスキャンとかMRIが有名。

痛みや副作用を考えると、CTスキャンが一番大変です。
造影剤を注入するので、体がぼーっとするし、注入のための管を腕に通します。
もちろん少し放射線をあびます。

それに比べると、性病検査は痛みはほとんどないです。

どんなことをするかというと、性別や検査する病原によって異なりますが以下です。

  • 尿検査
  • 血液検査
  • 膣内分泌液検査
  • うがい液検査

尿検査は、採尿用の紙コップにおしっこして調べます。
うがい検査も、うがいした液を紙コップに出して採取するだけで、痛みは一切ないです。

血液は病院だと一般に注射で抜き取ります。
性病検査キットではランセットなどの器具で指先から血を採取します。
多少の痛みはあるでしょうけど、ほんの一瞬チクリとする程度です。

膣内は、綿棒の大きいもので内部を少しこする程度。

性病検査で痛みを伴うのは、血液採取だけです。
それも一瞬細い針を刺す程度。

その痛みよりも後々体に与える影響のほうが、とても大きいです。
痛みが嫌だから「検査を受けない」ということの無いようにしたいですね。


郵送のHIV検査キット
STDチェッカー


その特徴は
  • 厚労省の精度検査で「100%完全一致」した唯一の郵送検査事業者。
  • コールセンターは性感染症学会認定士など専門家が対応
  • 全国42,000の医療機関ネットワークで万が一の時も紹介してくれる
  • 採取を失敗しても再検査を無料で実施してくれる
  • 注文者と一切紐づかない、完全匿名検査
  • 宅配便注文で全国翌日受取可能!
  • メール便は送料無料で、不在でも受けとり可能

数ある郵送検査キットのなかでも、信頼性がもっとも高い郵送検査キットです。
2015年に公開された厚生労働省のエイズ対策研究事業の精度検査で、唯一精度100%という結果になりました。

また、性病検査のスペシャリスト企業なので、コールセンターも性感染症学会認定士など専門家が対応し、万が一陽性だったとしても安心です。
性病検査キット一覧