クラミジアなどの性病検査はどこで受けるのか?

先日不安な相手との行為があって、「性病かも」と思ったとき、どこで性病検査を受けるのがいいのでしょうか。
風邪の時の内科や歯医者のようにどこでもあるわけではないですしね。

わからないものです。

性病検査は大きく3パターンある


性病検査を受ける場合、大きく3つの窓口があります。

  1. 性病検査の病院
  2. 保健所
  3. 郵送の検査キット(衛生検査所)

まず思い当たるのが病院です。
もし症状が出ているのなら、男性なら泌尿器科、女性なら婦人科、男女ともに性病科に行くことになります。
のどの性病の場合は耳鼻咽喉科でも可能です。

症状がない場合は検査専門の病院がお勧めです。
様々な性病検査があり、匿名で検査が行えます。

さらに検査病院のいいところは、土日や夜遅くまで開いているところもあります
専門の知識を持った人が適切に処置をしてくれます。

費用は少し高く全額自己負担になります。

それに対し、保健所は無料です。
保健所は毎月HIV検査を実施していて、保健所によっては追加検査として梅毒、クラミジア、B型肝炎を行うことができます。

難点は時間や人数が限定されているので、なかなか行きにくいことと検査項目が少ないことです。
保健所はあくまでもHIVの感染拡大を防ぐために行っているので性病で行くのは難しいですよね。

あとは、衛生検査所が行っている郵送の性病検査キットを使うことです。

病院や保健所でおこなっている性病検査の多くは、血液などを病院でとって、検査は衛生検査所が行っていることが多いです。
その衛生検査所が検査キットを個人に販売し、検査をしているサービスがあります。

病院や保健所と同じ検査を自宅でできるようになったわけです。

中間に誰もはいらないので、価格も安く、おもな性病5種を検査しても1万円かかりません。
クラミジア 淋菌、HIV(エイズ) 梅毒 B型肝炎の5種を仮に病院で受けると倍以上の費用がかかるので、費用面も助かります。


郵送のHIV検査キット
STDチェッカー


その特徴は
  • 厚労省の精度検査で「100%完全一致」した唯一の郵送検査事業者。
  • コールセンターは性感染症学会認定士など専門家が対応
  • 全国42,000の医療機関ネットワークで万が一の時も紹介してくれる
  • 採取を失敗しても再検査を無料で実施してくれる
  • 注文者と一切紐づかない、完全匿名検査
  • 宅配便注文で全国翌日受取可能!
  • メール便は送料無料で、不在でも受けとり可能

数ある郵送検査キットのなかでも、信頼性がもっとも高い郵送検査キットです。
2015年に公開された厚生労働省のエイズ対策研究事業の精度検査で、唯一精度100%という結果になりました。

また、性病検査のスペシャリスト企業なので、コールセンターも性感染症学会認定士など専門家が対応し、万が一陽性だったとしても安心です。
性病検査キット一覧