性病検査ってなにするの?

性病検査ってどんなことをするんでしょうか。
性器とかごりごりしたり、大きな注射を打たれたり・・・・。

自宅でできる検査キットが販売されているわけで、意外にも簡単に性病検査は行われています。
検査する項目や性別によって、採取する検体が異なります。
詳しく紹介します。

なお、病院も保健所も、郵送で行う性病検査キットもほぼ同じです。

血液採取

体内の血液を採取し、血液内にできる抗体を検査します。

HIV
梅毒
b型肝炎
C型肝炎

の検査に使います。

保健所や病院では注射による採血をします。
2mlほどでいいので、すぐ終わります。

郵送の検査キットの場合は、「ランセット」という血液を採取する器具を使います。
軽く指にあて、血を出させ、その血液を「ろ紙」にとります。

ランセットは糖尿病の人が血糖値を確認するために使う一般的な器具です。

尿採取

主に男性の検査で使い、尿道内のばい菌を検査します。

クラミジア
淋病
の検査を行います。

病院ではトイレで紙コップに尿をします。
検査キットでは簡易コップにいったんとって、その後スポイトみたいなものに移し替えるという手順です。

尿の注意点は、前回の排尿から2時間あけ、出はじめの尿を採取するのが望ましいとされています。

膣内分泌物の採取

女性の検査です。

クラミジア
淋病
カンジダ
トリコモナス

を検査します。

郵送検査では、「カルポーター」という長い綿棒のようなもで、腟内から腟分泌液をぬぐう
そのまま専用ケースにかたずけ、そのまま送ります。

生理中は正しく検査ができない可能性があるので注意が必要です。

うがい液検査

のどの病気を見つけます。

のどのクラミジア
のどの淋病

の検査です。

うがいをして、吐き出した液をスポイトのようなもに採取します。
注意点として、時間の他に食事や歯みがきなどをしている場合は 2時間以上経過してから採取を行います。

最後に

血液、尿、膣内分泌物、のどかた取ったそれぞれの検体は、検査所に運ばれ専門的な検査が行われます。

HIVなどは即日検査ができることもありますが、多くの性病検査は専門施設に運ばれます。
検査する人が行うことは以上なので、ほとんど負担はありません。

性病検査はとても簡単にできるようになっています。


郵送のHIV検査キット
STDチェッカー


その特徴は
  • 厚労省の精度検査で「100%完全一致」した唯一の郵送検査事業者。
  • コールセンターは性感染症学会認定士など専門家が対応
  • 全国42,000の医療機関ネットワークで万が一の時も紹介してくれる
  • 採取を失敗しても再検査を無料で実施してくれる
  • 注文者と一切紐づかない、完全匿名検査
  • 宅配便注文で全国翌日受取可能!
  • メール便は送料無料で、不在でも受けとり可能

数ある郵送検査キットのなかでも、信頼性がもっとも高い郵送検査キットです。
2015年に公開された厚生労働省のエイズ対策研究事業の精度検査で、唯一精度100%という結果になりました。

また、性病検査のスペシャリスト企業なので、コールセンターも性感染症学会認定士など専門家が対応し、万が一陽性だったとしても安心です。
性病検査キット一覧